公演案内

  • 作品詳細
  • 日程・料金
  • 上演時間
  • 座席表
  • 残席状況
  • スペシャル

作品詳細

CM映像

上演の度に観客を魅了し続ける伝説の名作『あかねさす紫の花』と、
ワインのように華やかな場面の数々に酔いしれるショ―『Santé!!』
極上のロマンを詰め込んだ珠玉の二本立て!

万葉ロマン

『あかねさす紫の花』
作/柴田 侑宏 演出/大野 拓史

 1976年の初演以来、度々再演を重ねてきた万葉ロマンの名作が、博多座に16年ぶりの登場です。律令国家形成の立役者となった中大兄皇子、大海人皇子という才気溢れる二人の兄弟が、女流歌人・額田女王を巡って繰り広げる愛憎劇。博多座では2002年に上演され好評を博しました。古代史上に名高い三人の壮麗なロマンをもとに描かれたオリジナルミュージカルに、明日海りおを中心とした花組選抜メンバーが挑みます。また中大兄皇子・大海人皇子・仏師の天比古の三役が、役替わりで演じられるのも大きな見どころです。


レビュー・ファンタスティーク

『Santé!!』~最高級ワインをあなたに~
作・演出/藤井 大介

 『Santé』とは、フランス語で「乾杯!!」の意。世界各国で愛されるワイン。まるでワインを楽しむように、個性豊かで美しく華やかな宝塚の舞台に酔いしれて欲しい…。優雅で、気品溢れるワインのイメージは、まるで宝塚歌劇そのもの。様々な夢や愛、ロマンが詰まった街パリを舞台に“ワインを飲んで見る数々の夢”をテーマにお届けする作品です。明日海りおの新たな魅力に迫り、2017年に宝塚大劇場・東京宝塚劇場で好評を博した芳醇な香りと大人の雰囲気を放つレビューをお楽しみください。

主演

明日海 りお(あすみ りお)
静岡県出身。2003年初舞台後、月組に配属。2008年『ME AND MY GIRL』で新人公演初主演。『ロミオとジュリエット』などで役替わり公演も経験。2013年花組に組替えし、2014年花組トップスターに就任する。『新源氏物語』の光源氏役で第70回文化庁芸術祭賞演劇部門新人賞を受賞するなど、和物・洋物問わず男役の香気を放つ実力派トップスター。

仙名 彩世  (せんな あやせ)
宮城県出身。2008年初舞台後、花組に配属。2013年宝塚バウホール公演『フォーエバー・ガーシュイン -五線譜に描く夢-』で初ヒロイン。確かな歌唱力や演技力で注目を集め、『新源氏物語』の朧月夜役などを好演。2016年『For the people -リンカーン 自由を求めた男-』では専科の轟悠を相手にヒロインを務める。2017年2月花組トップ娘役に就任。


主な配役

主な配役 出演者
大海人皇子/中大兄皇子 明日海 りお
額田女王 仙名 彩世
天比古/大海人皇子 柚香 光
中臣鎌足 瀬戸 かずや
中大兄皇子/天比古 鳳月 杏

役替わり日程

役替わり【A】
大海人皇子 明日海 りお
額田女王 仙名 彩世
天比古 柚香 光
中臣鎌足 瀬戸 かずや
中大兄皇子 鳳月 杏
役替わり【B】
中大兄皇子 明日海 りお
額田女王 仙名 彩世
大海人皇子 柚香 光
中臣鎌足 瀬戸 かずや
天比古 鳳月 杏

役替わり日程
役替わり【A】・・・5月4日(金)~5月15日(火)
役替わり【B】・・・5月16日(水)~5月26日(土)

公演日程

5月4日【初日】~26日【千穐楽】

     


 

4


15:00

5

11:00
15:30

6

11:00
15:30

7

11:00
15:30

8

9

11:00
15:30 貸切

10

11:00
15:30 貸切

11

12:00

12

11:00
15:30

13

11:00
15:30

14

15

12:00

16

11:00
15:30

17

11:00
15:30

18

12:00

19

11:00
15:30

20

11:00
15:30

21

22

11:00
15:30

23

11:00
15:30

24

12:00

25

11:00
15:30

26

11:00
15:30

 

ご観劇料 (税込)

A席 8,800円 特B席 7,800円 B席 6,200円 C席 4,000円

上演時間

昼の部 2回公演

あかねさす紫の花 11:00 ~ 12:35(95分)
休憩 35分
Santé!! 13:10 ~ 14:05(55分)

夜の部 2回公演

あかねさす紫の花 15:30 ~ 17:05(95分)
休憩 35分
Santé!! 17:40 ~ 18:35(55分)

昼の部 1回公演

あかねさす紫の花 12:00 ~ 13:35(95分)
休憩 35分
Santé!! 14:10 ~ 15:05(55分)

初日のみ

あかねさす紫の花 15:00 ~ 16:35(95分)
休憩 35分
Santé!! 17:10 ~ 18:05(55分)

※時間は前後する場合がございます。何卒ご了承くださいませ。

座席表

1階席

1階席

2階席

2階席

3階席

3階席

座席表全体図はこちら(印刷用)

  更新日時 2018年04月25日 12:05  
  ※ 残席状況は5分ごとに自動更新されます。
※ 下記の表示は更新時点の状況ですので、予約時にお取りできない場合もございます。
 
 
5.gif月公演
「宝塚歌劇花組公演」
期間:2018年05月04日~2018年05月26日
残席残り ○…余裕があります △…残りわずか ×…完売しました
×表示のお日にちでも、公演当日に立見・補助席ができる場合がございます。
詳しくは博多座電話予約センター092-263-5555にお尋ねください。
日時 昼の部 夜の部
開演時間 A 特B B C 開演時間 A 特B B C
1日(火)                    
2日(水)                    
3日(木祝)                    
4日(金祝)   - - - - 15:00 × × × ×
5日(土祝) 11:00 × × × × 15:30 × × × ×
6日(日) 11:00 × × × × 15:30 × × × ×
7日(月) 11:00 × × × × 15:30 × × × ×
8日(火)   - - - -   - - - -
9日(水) 11:00 × × × × 15:30
10日(木) 11:00 × × × × 15:30
11日(金) 12:00 × × × ×   - - - -
12日(土) 11:00 × × × × 15:30 × × × ×
13日(日) 11:00 × × × × 15:30 × × × ×
14日(月)   - - - -   - - - -
15日(火) 12:00 × × × ×   - - - -
16日(水) 11:00 × × × × 15:30 × × × ×
17日(木) 11:00 × × × × 15:30 × × × ×
18日(金) 12:00 × × × ×   - - - -
19日(土) 11:00 × × × × 15:30 × × × ×
20日(日) 11:00 × × × × 15:30 × × × ×
21日(月)   - - - -   - - - -
22日(火) 11:00 × × × × 15:30 × × × ×
23日(水) 11:00 × × × × 15:30 × × × ×
24日(木) 12:00 × × × ×   - - - -
25日(金) 11:00 × × × × 15:30 × × × ×
26日(土) 11:00 × × × × 15:30 × × × ×
27日(日)                    
28日(月)                    
29日(火)                    
30日(水)                    
31日(木)                    
 

メディア・イベント

※内容や日時は変更になる場合がございます。何卒ご了承くださいませ。

スペシャル

宝塚歌劇花組公演 記者取材会 レポート

5月4日(金・祝)開幕の宝塚歌劇花組公演『あかねさす紫の花』『Santé!!』に主演する、花組トップスター・明日海りおと、花組トップ娘役・仙名彩世が、3月30日(金)、ヒルトン福岡シーホークで行われた取材会に出席した。再演を重ねる万葉ロマンの名作と、昨年大好評を博したレビューとの二本立てとあって、チケットはすでに完売。宝塚歌劇博多座公演初となるライブビューイングも決定した。大いに盛り上がりを見せる今作への意気込みから、素晴らしい公演となった『ポーの一族』を経ての今の花組についてまで、ふたりが頼もしく語った。

(取材・文/小野寺亜紀)



博多の街並みと海が一望できる34階高層の会場に現れた明日海りおと仙名彩世。明日海は、「今日、博多に着いて心躍りました。桜も美しく、ここからの見晴らしも素晴らしくて、乾杯(=フランス語で“サンテ”)をしたくなりました! 私は以前博多座の公演に出演しましたが(月組配属時代の2006年)、またぜひ出演したいと思っていたのでうれしいです」と、笑顔を見せる。花組にとって博多座公演は13年ぶり。仙名は「博多座には初めて出演するのでとても楽しみです。九州出身の花組生が多く、彼女たちの凱旋公演にもなります!」と、花組の一員として念願がかなった喜びを明かす。
万葉ロマン『あかねさす紫の花』は、1976年に初演された柴田侑宏の名作。大和朝廷を舞台に、中大兄皇子、大海人皇子の兄弟と、二人から深い愛を受けた女流歌人・額田女王との切なくも美しいドラマを描いたオリジナルミュージカルだ。博多座には2002年花組(春野寿美礼主演)が上演して以来の登場となる。今回、明日海は中大兄皇子と大海人皇子の二役を役替わりで演じ、花組男役スター、柚香光と鳳月杏も役替わりを担う。さらに大野拓史が初めて今作の演出を手掛けるなど、新たな魅力を放つ『あかねさす紫の花』になることは必至だ。



明日海は、「下級生で出演したときは大海人皇子が主役でしたので、大海人が一人の女性を一途に想う姿が爽やかで素敵だなと思ったのですが、先輩が演じられた色々なバージョンを映像で拝見し、中大兄皇子の、国を背負う男としての格好良さをとても感じ、両役ともに魅力的だと思いました。役替わりでは、それぞれのバージョンにしかないコンビネーションを共演者と深めていきたいです」と話した。これまで、『ベルサイユのばら』のオスカルとアンドレや、『ロミオとジュリエット』のロミオとティボルトなどで、役替わりは経験済みの明日海。「やはり組子全員で通すお稽古の量は、それぞれの役で半分になってしまうので集中力が必要ですが、作品を違う視点から見ることで役を深めていけます。覚える量は倍になりますが、お客様が両方の役を観たいと言ってくださるのがうれしいので、今回も努力を重ねたいです」と頼もしい。



仙名は「私はずっと『あかねさす紫の花』に携わりたいと願っていたので、額田女王を演じさせていただけることに、とても喜びを感じています。資料などを読み返し、今までの見方と少し変わってきたところがありますので、お稽古をしながら丁寧に創り上げていきたいです」と意気込みを語る。役替わりをする明日海との芝居については、「ひとつの作品で二役の明日海さんと密なお芝居ができるということで、とても勉強になると思います」と話し、明日海と顔を見合わせ微笑んでいた。



レビュー・ファンタスティーク『Santé!!』~最高級ワインをあなたに~は、エネルギッシュな作風で定評のある演出家・藤井大介が、昨年、花組メンバーの持ち味を生かして創り上げたステージ。ロマンが詰まった街パリを舞台に、“ワインを飲んで見る数々の夢”をテーマにして様々な場面が展開する。元花組トップスター・安寿ミラ(ANJU)振付の、黒燕尾の男役たちによる大階段での群舞など、“ショーの花組”と言われる伝統が息づく華やかでゴージャスなレビューだ。

明日海は、「大先輩の安寿ミラさんが振り付けられた“ザ・男役!”という場面や、“可憐な娘役!”という場面もあり、私たちも大好きなショーです。特にフィナーレの黒燕尾(の群舞)は、以前『Cocktail-カクテル-』というショーでも先輩が踊られた、花組の思い入れのある場面なので、気合いを入れ直して稽古に取り組みます。昨年上演したときよりも『またぐっと良くなったね』と言っていただけるようなショーにしたいです」と、意欲的に語る。

仙名は、「『Santé!!』は先生方、スタッフの皆さんの花組愛、そして男役への愛、娘役への愛、宝塚への愛というものがすべて注ぎ込まれている作品だなと感じます。多くの出演者に見せ場が与えられ、私たちも『楽しい!』と思いながら公演していたのが印象深いです。お客様の『こういうショーが観たかった!』というお声も、私たちのモチベーションにつながりました。もう一度あの熱い公演ができるのを楽しみにしています」と、喜びの表情を見せる。



花組は今年の元日から萩尾望都氏の漫画を原作としたミュージカル・ゴシック『ポーの一族』で、観客を陶酔の世界へと導き3月25日(日)に千穐楽を迎えたばかり。明日海と仙名は充実の表情で同作品を振り返りながら、博多座公演への意気込みをあらためて語った。

明日海「『ポーの一族』ではみんなが自分の持ち場で魅力を存分に発揮し、伸び伸びと公演してくれました。組力はもちろん、個々としてもぐっとスキルアップしたのではと思います。博多座に出演するのは花組全員ではないですが、決してパワーダウンを感じさせないようにしたいです。爽やかな季節の5月、博多に爽やかに来られるように(笑)、これから約1か月お稽古に励み、観客の皆さまに元気になっていただける舞台をお届けしたいです」



仙名「今の花組はエネルギーに溢れ、それぞれ役を追求する楽しさが増していると感じます。お芝居は私もお客様と同じく、『どちらの(役の)明日海さんも観たい!』という夢がかなった公演ですし、ショーはさらにみんなスパークリングしていくと思います(笑)。組子一人ひとりのキラキラした姿を、ぜひ皆さまの目に焼き付けていただけたら…。今の花組をもっと色々な方に知っていただけるよう、日々一生懸命公演を務めたいです」

念願の花組博多座公演と、チケット完売という状況を「両思いだと感じました!」と楽しく表現した明日海の人柄もあり、会場が温かい雰囲気に包まれた取材会。変幻自在で人間力に溢れた明日海が率いる、勢いに乗った花組の舞台にますます期待が募った。



その他の質疑応答

◆博多座公演で楽しみにしていることは?
明日海:以前公演したときも感じたのですが、博多座のお客様の温かい拍手です。また滞在中はもつ鍋や水炊き、明太子など博多の美味しいものを出演メンバーと味わうことも楽しみです。
仙名:博多座に出演された上級生の方などから「博多座はいいよー!」と教えていただいたので、そのお言葉を身をもって感じられることが楽しみです。


◆『あかねさす紫の花』の中で好きな場面は?
明日海:冒頭で「あかねさす紫野ゆき標野ゆき――」と額田女王が歌うのですが、それをゆきちゃん(仙名)の美声で聞けるのが今回とても楽しみです。他にも中大兄、大海人、額田の3人で舞うシーンや、十市皇女(とおちのひめみこ。大海人と額田との娘)が歌を歌う、観ていて涙が出るシーンもお気に入りです。
仙名:十市皇女がわらべ歌を歌うあの場面は何とも言えないですよね。大海人皇子が人目をはばからず馬を駆けて、額田のところにやって来るところも好きです。また、場面転換の時に流れるエンディングの曲が、どれも劇的で好きです!


◆『Santé!!』の中で好きな場面、楽しみにしていることは?
明日海:やはりお気に入りは黒燕尾のシーンで、その後のデュエットダンスもとても好きです。またプロローグではお客様の近くでご一緒に盛り上がれるような演出があるかと思いますので、博多座のお客様にも楽しみにしていただけたらなと思います。
仙名:私もプロローグでたくさんのお客様と“乾杯”をしたいなと思っています!


◆ライブビューイングについて
明日海:今回はお芝居が2パターンありますので、もしよろしければ両方観ていただきたいですし、ショーは大画面で観ていただくとさらに盛り上がると思いますので、楽しみにしていてください。
仙名:映画館から応援してくださっている方もいるのを感じながら公演ができるのは幸せです。よくファンの方が「すごくアップで見えます」と仰っていただくので、どんな風に見えるのか…(笑)、楽しみにいらしてください。

  • 15名様以上グループ観劇
  • 新規会員募集中!!博多座会
  • メルマガ配信中!!博多座サポーターズ
  • 採用情報
  • 博多座オンラインショップ 準備中
  • 博多座物販サイト
  • トコの博多座探検
  • 歌舞伎福岡応援隊

このページのTOPへ