• ホーム
  • 今月のトコの博多座探検

今月のトコの博多座探検

2017年02月

いよっ、雪之丞!!

今月の博多座は、二月花形歌舞伎です。

昼の部は、

男の花道(おとこのはなみち)

艶姿澤瀉祭(はですがたおもだかまつり)

です。

・・・うまいこと漢字の変換が出なくてすみません。

 

昼の部を見に行った方からさっそく報告が。

「面白かったのよ。いわいめでた~の、もあるし、

なんと、殺陣の中でフラメンコを踊ったりするの」

と大興奮してました。

 

たのしそうだわっ。

トコは夜の部に出かけましたよ。

夜の部は、雪之丞変化(ゆきのじょうへんげ)です。

 

なんといっても気になるのは、

スーパー歌舞伎2「ワンピース」でタッグを組んだ

お二人が再び共演するってことよね。

ルフィとエースという兄弟の役を演じたのが、

市川猿之助さんと平岳大さん。

 

夜の部の雪之丞変化は

商人の家に生まれた子が役者になり親の敵を討つという

物語。

江戸時代の歌舞伎役者のお話です。

 

その雪之丞を市川猿之助さんが演じます。

江戸時代にタイムスリップしたような芝居小屋や

楽屋の様子なども興味深いわね。

 

歌舞伎の時はイヤホンガイドを借りるのですが。

開演前や幕間にもいろんなマメ知識を教えてくれるので、

へぇなるほど、と思わずにんまりしたりして、面白いですよ。

 

例えば、江戸時代は、

三階建ての建物を禁止されていたのですが。

芝居小屋は三階建てを立てていたんだって。

そして、実際の三階を二階と呼び、二階は中二階と呼んで

法の穴を潜り抜けていたそうよ。

で、一番上には立役の俳優さんの楽屋。

中二階は、女形の俳優さんの楽屋があったため。

女形の俳優さんのことを「中二階」と呼ぶようになったらしいの

なるへそ~。

 

さあ、舞台の話に戻りましょう。

 

猿之助さんは、雪之丞と闇太郎の二役です。

お得意の早替りですが。

自分が着替えをする早さを考えても、

信じられない早さで、

今ここにいるわよね、と、じーっと目で追っていたのに、

ほかの場所から早変わりして登場してきたりの連続で、

目が回りそうになりました。

最後まで仕掛けがわかりませんでしたが、

やんややんやの大喝采よ。

 

そして平岳大さんもかっこよかったぁ~~。

 

この舞台は、歌舞伎役者のお話しなので、

劇中劇があるのも、お得な感じよね。

 

後半に出てくる「だんまり」という劇中劇も

とっても面白く。

舞台上は明るいですが、暗闇の中という設定です。

それを想像しながらごらんくださいね。

 

さあ、もちろん、宙乗りもございます!!

客席上を斜めに横切り、さらに、上へ下への動きも加わり

お客様は上に手を伸ばして大拍手。

 

猿之助さんの早替わりと宙乗りにも熱狂しましたわ。

雪之丞


            宙乗りの時、ありえない角度でつま先が反り返ってます!!

             ここまで演技していらっしゃるとは驚き。

二月花形歌舞伎ページ

Profile:
コラムニスト。朝日新聞等でコラムを連載中。福岡在住。
著書「わたし主義でいく!」(講談社)
コラムニスト トコ。
tokotoko@tokodesu.com
トコ公式HP、劇的にリニューアル!
http://www.tokodesu.com
トコの『ハイパーコメンテーター日記』
http://gogo105.seesaa.net/
日経PCオンライン『新米モバイラーの、明日はどっちだ?』
http://pc.nikkeibp.co.jp/article/NPC/20060517/238215/

  < バックナンバーへ

  • 15名様以上グループ観劇
  • 新規会員募集中!!博多座会
  • メルマガ配信中!!博多座サポーターズ
  • 採用情報
  • 博多座オンラインショップ 準備中
  • 博多座物販サイト
  • トコの博多座探検
  • 歌舞伎福岡応援隊

このページのTOPへ