• ホーム
  • 今月のトコの博多座探検

今月のトコの博多座探検

2015年11月

『まだまだ、ひと花咲かせましょう!!』

今月の博多座では、元気をもらった人も多いのではないかしら。
「三匹のおっさん」です。

原作は150万部を超える大ヒット。
テレビドラマ化もされた人気シリーズが、ついについに、舞台になりました。
主演の三人は、松平健・中村梅雀・西郷輝彦。

中学校の同級生で、悪ガキトリオだった三人が、還暦を迎えてますます元気。
家族やご近所の平和のために、三匹のおっさん、と名乗り、活躍するというお話。

 と書けば、威勢がいいが。

実はそれぞれ、家庭内では問題を抱え、家族とはぎくしゃくしている。
定年退職を迎えた松平健(キヨ)と、竹下景子の夫婦は、幸せそうだが実は。
妻からは、愚痴ばかり聞かされる、と、閉口している不器用な夫。
そして家のことをすべて押し付けられストレスがたまっている妻。
さらに、自分勝手なことを言ってくる息子とその嫁。
相談を持ち掛けても、夫は、妻の言葉に、
「ふうん」「へぇ・・」と生返事ばかり。

それぞれの小さな不満が、積み重なる。

きゃあ、見ていて、ぞっとした。
こんなこと、どこの家庭にもある風景だわよぉ。

さらに、梅雀さん(ノリ)は、妻を亡くして、年頃の娘と二人暮らし。

西郷輝彦(シゲ)は、松金よね子と夫婦役。
居酒屋「酔いどれ鯨」を長年経営してきたが、息子に店を任せてからは、
張り合いをなくし、妻と言い争いばかり。

まだまだ頭も体も元気だが、年寄り扱いされる三人が、居酒屋よいどれ鯨に集まって、
酒を酌み交わしている時に
「ノリの娘が痴漢に襲われた」と、知らせが入る。

 いっちょうやりますか!!

というわけで、「三匹のおっさん」の世直しが始まるのよ。

剣道の達人、機械いじりの達人、柔道の達人、とそれぞれの特技を生かし
犯人を追い詰める。

で、今回は、舞台の演出が、テレビ的になっていて。
幕間を挟んで、一話と二話、みたいな構成になっているし。
テレビのように、オープニングのタイトルがスクリーンに出るように作られていて、
とてもとっつきやすいな、と思ったわ。

 

舞台なんて、苦手だわ、と思っているかたも、ぜひ足をお運びください。

 

今回は、松平健さんが、初めての現代劇の舞台なんですよ。
引き戸を開ける時の所作なんかが、でもやっぱり、時代劇っぽく
堂々としていて、暴れん坊やぁ、と、ほほえましく見ることもできますよ。

どれだけみなさんが、気楽に見ているか、というと。

 

「お前が、○○だなっ」

というセリフの時に、トコの斜め前の人が、かなり大きい声で、
「へーーーーっ!」と言ったのよ。
いつも自宅のリビングで、大型テレビに、相づちを打ってるのね()

ほんとに、それくらい、リラックスして見ることのできる舞台です。
そして、おもしろいだけじゃないの。

自分自身、家族、誰もが、出演している誰かに当てはまる立場で、
色んな不満を抱えたり、逆につらい思い、悔しい思いをしたり、
させられたり
していると思います。

でも、舞台を見て、この家族たちが、どのようにそれを、解決してゆくのか。
ぜひ、ご参考になさって下さい。
簡単なことだけど、おろそかにしていたことが、よくわかりますから。

しかし、こんなおっさんが、近所にいたら、楽しいでしょうねぇ。

 

と思っていたら。

本当に、三匹が、川端商店街付近をパトロールするんですってよ。
福岡県警から「ニセ電話気づかせ大使」に任命され
1110に、櫛田神社付近から博多座に向かうルートですって。
三人を直接応援したいわね!! 

 トコさん三匹のおっさん

日向のへべすです。鍋物などにおいしいんですよー。
※日向市の物産販売は11月16日(月)まで


『三匹のおっさん』ページ

Profile:
コラムニスト。朝日新聞等でコラムを連載中。福岡在住。
著書「わたし主義でいく!」(講談社)
コラムニスト トコ。
tokotoko@tokodesu.com
トコ公式HP、劇的にリニューアル!
http://www.tokodesu.com
トコの『ハイパーコメンテーター日記』
http://gogo105.seesaa.net/
日経PCオンライン『新米モバイラーの、明日はどっちだ?』
http://pc.nikkeibp.co.jp/article/NPC/20060517/238215/

  < バックナンバーへ

  • 15名様以上グループ観劇
  • 新規会員募集中!!博多座会
  • メルマガ配信中!!博多座サポーターズ
  • 採用情報
  • 博多座オンラインショップ 準備中
  • 博多座物販サイト
  • トコの博多座探検
  • 歌舞伎福岡応援隊

このページのTOPへ